ベルギービール専門店 ドルフィンズ

DOLPHINS

お電話でのご注文は

06-6263-0525

受付時間:平日11:00 〜 17:00

ベルギービールとは「教えて!ベルギービール」

  • ベルギービールを一言で言うと…

    「信念を持った旨味、ゆるぎない上質感」。
    私たちは、そう表現するのがピッタリのビールだと思っています。

    中世に修道僧によって造られ始めてから、ベルギービールは独特のビール文化をずっと大切に大切に守ってきました。

    ベルギーには130を超える醸造所があり、大手醸造所はもちろん、昔ながらの味を守る小規模な醸造所のビールへの愛情や情熱が今も伝統のベルギービールの味を支えているのです。

    ベルギービールはまさしく信念をもったスペシャルなビールなのです。

  • 多種多様なベルギービール達

    では、まず800種類以上あるビールをタイプ分けしてみましょう。
    これを見ただけでも、多様なビールがあるのに驚くことでしょう。

    ビールの原料は大麦。
    でも、小麦をたくさん使ったら??
    ビールの原料は大麦。でも、小麦をたくさん使ったら?? 小麦はビールにふくよかな香りをもたらします。
    たんぱく質が多いので少し濁るんです。(白っぽいからホワイトと呼んでます)
    アルコールが高くないものが多く、昼下がりに飲みたくなるビールです。

    <お薦め:ヒューガルデンホワイト生>
    キリスト教布教の影に
    ビール有り!?
    キリスト教布教の影にビール有り!? 世界中で7醸造所(うち6ヶ所はベルギー)にしか許されない「トラピストビール」という呼称。
    修道院敷地内で造られるこれらのビールは、昔からのレシピそのままに造られています。
    複雑な旨味をしっかり味わって飲みたいビールです。

    旅人を迎える宿として修道院が使われ、キリスト教を布教する為にビールが作られました。
    旅人に振舞われるビールは度数の低い水代わりに飲めるビールでした。

    しかし、司教様が来られた時用のビールは特別美味しく作らなければなりません。
    そうやって技術が発達し、今日まで飲み続けられているトラピストビールが誕生したのです。

    ちなみに修道士自身も当然ビールを飲んでいました。結構な量を毎日飲んでいたようで、旅人用ビールよりも少しランクの高いものを別に造っていたようです。

    <お薦め:オルヴァル>
    かわいいグラスで良い香り、
    案外高めのアルコール
    かわいいグラスで良い香り、案外高めのアルコール 黄金色のビールっていつものビールの延長線上って感じしませんか?
    でも黒いビールよりも高いアルコールを持っているベルギービールはたくさんあります。
    ビールに旨味を感じさせるには、ある程度高いアルコー感が必要なのか!?
    と思わせるビール達です。
    「アルコールはいけるクチ!」って人がこのビールにハマる事多いんです。
    華やかな香り、可愛いグラス、いろんな醸造所がいろんなビールを造っています。

    <お薦め:デュベル>
    日本では作れないんです…
    日本では作れないんです… トラピストビールより古くから造られてきた「すっぱい」ビール。
    すっぱさにも色々あり、すっぱさになれた頃に解る麦の旨味。
    ベルギー、それもブリュッセルのある地域でしか造ることの出来ない、
    これらのビール。

    樽で何年も寝かします。
    腐らせない為にホップを大量に使います。
    ホップはビールに苦味を与えます。
    与えすぎないようにわざと旧いホップを使います。
    樽では、熟成度合いによって、すっぱさとまろやかさと旨味と、炭酸の量がじんわり変化していきます。

    熟成度合いの違う樽同士をブレンドさせる事によって、
    爽やかなのに旨味のあるグーズという製品が誕生するのです。
    手間ひまかけた貴重なビールなのです。

    3年後にベルギービールを語る貴方はこのビール抜きではいられないでしょう。

    <お薦め:カンティヨングーズ>
    すっぱ系にフルーツを
    漬け込んでみたら・・・!?
    すっぱ系にフルーツを漬け込んでみたら・・・!? さくらんぼ、木苺、カシス、桃、苺にバナナにパイナップル。
    すっぱいビールにこれらを漬け込むとまるで"カクテル"のような飲みやすいフルーツビールが誕生します。
    生のさくらんぼをどどど〜っと投入する事もあれば、濃縮ジュースを添加する事もあります。醸造所によって造り方はさまざまです。
    細いグラスでオシャレに楽しめるビールですよ。

    <お薦め:ベルビュー・クリーク>